セキュアプライム UFE オンラインヘルプ
ホーム > 自動暗号化ツールをインストールする
インストールする

自動暗号化ツールをインストールする

自動暗号化ツールをクライアントPCにインストールします。
※以下は「ドライブ版」の画面で説明しています。「フォルダ版」をご利用の場合は、必要に応じて「フォルダ版」に読み替えてください。

  1. インストールを実行します。
    SpufeEncSetupD.exeを実行します。
    ※「フォルダ版」では、SpufeEncSetupF.exeを実行します。
    ※インストールには管理者権限が必要です。
    インストールを実行する
  2. ユーザーアカウント制御で許可します。
    ユーザーアカウント制御で許可する
  3. 使用許諾契約に同意します。
    使用許諾に同意する
  4. インストール先のフォルダを設定します。
    インストール先のフォルダを設定する
  5. [インストール]ボタンをクリックします。
    インストールが開始されます。
    ※初期値のインストール先にインストールできない場合は、インストールできるフォルダーを指定してください。
    インストールボタンをクリックする
  6. [完了]ボタンをクリックします。
    インストールを完了
    これでインストールが完了しました。
  7. <「フォルダ版」をご利用の場合>
    USBメモリーを挿入している場合は、USBドライブに自動暗号化用フォルダー(SP暗号化フォルダ)が作成されます。

    ※「ドライブ版」をご利用の場合は作成されません。

    フォルダ版で[SP暗号化フォルダ]の作成
  8. 自動暗号化ツールが自動起動します。
    「自動暗号化ツール」が起動するとタスクトレイにアイコンが表示されます。
    ※「自動暗号化ツール」が起動していない場合は、[スタート]-[すべてのプログラム]-[SecurePrime UFE]-[自動暗号化ツール(ドライブ版)]をクリックしてください。

    自動暗号化ツールのタスクトレイアイコン
  9. ラインセンスを登録します。
    「自動暗号化ツール」が起動している状態で、タスクトレイの[SecurePrime UFE 自動暗号化ツール]アイコン上で右クリックし、メニューの[ライセンスキーの登録]を選択します。
    ライセンスキーを登録する
  10. ライセンスキーを入力します。
    ライセンスキーを入力してください。
    ライセンスキーを入力する
    ライセンスキーの登録完了

    これで自動暗号化ツールを利用できる準備が整いました。

    ※試用期間(最初の起動から10日間)中は、インストール後にライセンスキーの登録をしなくても、暗号化を含むすべての機能をご利用いただけます。
    ただし、試用期間を過ぎてもライセンスキーを登録していない場合は、ファイルの復号はできますが、暗号化機能を利用することができません。継続して暗号化機能を利用したい場合は、製品をご購入いただき、購入先から提供されるライセンスキーを登録してください。
    試用期間を過ぎたら
 

自動暗号化ツールをアンインストールするには

    以下では「ドライブ版」で説明します。「フォルダ版」をご利用の場合は「フォルダ版」に読み替えてください。
  1. [コントロールパネル]-[プログラムのアンインストール]-[SecurePrime UFE ドライブ版 自動暗号化ツール]を選択して[プログラムのアンインストール]を実行します。
  2. 「はい」をクリックします。
    アンインストールする
  3. ユーザーアカウント制御で「はい」をクリックします。
    ユーザーアカウント制御で許可する
  4. アンインストールを完了するにはWindowsの再起動が必要です。「はい」をクリックします。
    アンインストール時の再起動警告ダイアログ
    これで自動暗号化ツールのアンインストールが完了しました。