セキュアプライム UFE オンラインヘルプ
ホーム > ファイル(フォルダー)を暗号化する
暗号化する

ファイル(フォルダー)を暗号化する

    自動暗号化ツールは、USBデバイスやメディアに、ファイルがコピー/移動されたことを検知すると、対象ファイルを強制的に暗号化します。
    ※以下は「ドライブ版」の画面で説明しています。「フォルダ版」をご利用の場合は、必要に応じて「フォルダ版」に読み替えてください。
  1. 自動暗号化ツールが動作しているかどうか確認します。
    自動暗号化ツールが起動しているとタスクトレイにアイコンが表示されます。
    自動暗号化ツールを確認する
    ※自動暗号化ツールが起動していない場合は、[スタート]-[すべてのプログラム]-[SecurePrime UFE]-[自動暗号化ツール(ドライブ版)]からご利用になれます。
    ※自動暗号化ツールがインストールされていない場合は暗号化することはできません。
    自動暗号化ツールのインストール方法はこちら
  2. USBメモリーを挿入します。
    ※「フォルダ版」をご利用の場合は、新しいUSBメモリーを挿入したとき、USBドライブに自動暗号化用フォルダー(SP暗号化フォルダ)が作成されます。
    既に[SP暗号化フォルダ]が作成されている場合はダイアログは表示されません。
    「ドライブ版」をご利用の場合は作成されません。
    USBに暗号化フォルダが作成される

  3. USBドライブにファイルをコピーします。
    エクスプローラーを起動しファイルをUSBドライブにコピーします。
    フォルダ版の場合は[SP暗号化フォルダ]内にコピーします。 USBにファイルをコピーする

    USBドライブ(または[SP暗号化フォルダ])にファイルがコピーされると暗号化処理状況を示すダイアログが表示されます。

    暗号化処理状況が表示される

  4. ファイルを開くときのパスワードを入力します。
    パスワードを入力します。
    パスワードを入力する
    ※入力したパスワードは、ファイルを復号するときに認証するためのパスワードです。
    ※パスワードには日本語全角文字以外の半角英数記号が使用できます。
    ※パスワードは4文字〜128文字以内で指定します。
  5. 暗号化されたファイルが作成されます。
    デバイスに移動・コピーされたファイルは、一時領域に待避されてから、デバイスに暗号化ファイルとして作成されます。
    ファイルが暗号化されると、.spudという拡張子が追加されます。
    (例) 販売データ.txt → 販売データ.txt.spud
    暗号化ファイルが作成される
    ※暗号化ファイルはGZIP形式で圧縮されています。
    ※tmp / lnk / ini / icoファイルおよびシステム属性のついたファイルは暗号化されません。
    ※セキュアプライム FEで暗号化されたspdファイルは暗号化されません。
    ※ショートカットファイル、0バイトのファイルは暗号化できません。
    ※特殊なフォルダー(\Recycled\*、\Recycler\*、\system volume information\*)は暗号化されません。
    ※特殊なファイル(ファイル名の先頭が“.”で始まるファイル、ファイル名の先頭が“ ~$”で始まるファイル)は暗号化されません。
    ※弊社(TSS LINK, Inc)のデジタル署名が付与されているexeファイルは暗号化されません。
    ※複数のファイルをUSBドライブ(または[SP暗号化フォルダ])にコピーした場合、同じパスワードで暗号化されます。
    ※フォルダーをUSBドライブ(または[SP暗号化フォルダ])にコピーした場合、フォルダー内の各ファイルが暗号化されます。
    ※USBドライブ(または[SP暗号化フォルダ])内のフォルダーを同じドライブ(または[SP暗号化フォルダ])内にコピーした場合は暗号化されますが、移動では暗号化されません。


 

Windows 8以降でファイルを暗号化するときは

自動暗号化ツールは、Modern UI上での画面表示や操作には対応していません。
パスワード入力画面など、自動暗号化ツールで表示されるすべての画面はデスクトップUIで表示されます。必要に応じてデスクトップUIに切り替えて操作してください。

タスクトレイメニューについて

タスクトレイアイコンを右クリックして表示されるメニューは以下となります。
  • ライセンスキーの登録
    製品ライセンスキーの登録を行います。ライセンスキーを登録しないと、試用期間終了後にファイルの暗号化ができなくなります。
  • オンライン登録
    オンラインでのユーザー登録を行います。
  • 一時フォルダの表示
    一時フォルダーを表示します。暗号化のキャンセルやエラー時に待避されたファイルを取り出すことができます。
  • ドライブの取り出し
    デバイスの取り外し、またはメディアの取り出しができます。
    ※リムーバブルドライブやCD/DVDドライブは、メディアの取り出しが実行されます。
    ※HDDは、安全な取り外しが実行されます。
    ※暗号化処理が終了していない場合、またデバイス内のファイルを使用している場合などは、[ドライブの取り出し]を実行しても適用されません。
    Windows Vistaの場合などは、エクスプローラーでデバイスの内容が表示されているだけで使用中と認識されますので、先にファイルやエクスプローラーの終了が必要です。
  • オンラインヘルプ
    オンラインヘルプをブラウザーで開きます。
  • バージョン情報
    バージョン情報を表示します。
  • 終了
    自動暗号化ツールを終了します。再度自動暗号化ツールを起動する場合は、「スタートメニュー」−「すべてのプログラム」−「SecurePrime UFE」−「自動暗号化ツール」を選択します。

暗号化中にエラーが発生したときは

暗号化中にエラーが発生したときは、暗号化が中断されてエラー情報が表示されます。
暗号化されなかったファイルは、一時フォルダーに残されていますので、必要に応じてファイルを取り出してください。詳しくは「暗号化をキャンセルしたときは」をご覧ください。
暗号化されなかったファイル

暗号化時に同名ファイルがあるときは

デバイスにファイルがコピー・移動された時に、デバイス内に同名ファイルがあるときは、上書き保存の確認をします。
上書きをキャンセルした場合は、暗号化が中断されます。暗号化されなかったファイルは一時フォルダーに残されていますので、必要に応じてファイルを取り出してください。詳しくは「暗号化をキャンセルしたときは」をご覧ください。
デバイス内に同名ファイルがあるとき

暗号化をキャンセルしたときは

暗号化がキャンセルされた時は、暗号化されなかったファイルが一時フォルダーに残されていますので、必要に応じてファイルを取り出してください。
※特にUSBドライブへのファイル移動をキャンセルした場合、ファイルは移動前の場所には戻りません。一時フォルダーから取り出してください。

パスワード設定ダイアログから、暗号化をキャンセルできます。
暗号化をキャンセルする

キャンセルの確認画面が表示されます。
キャンセルの確認画面

キャンセルが処理されます。
キャンセル処理画面

キャンセル処理結果が表示されます。
キャンセル処理結果

[一時フォルダを表示]をクリックすると、一時フォルダーが開きます。
元のファイルが一時ファイルとして保存されています。必要に応じてファイルを取り出してください。

一時フォルダーについて

暗号化処理中は、USBデバイスにコピー/移動されたファイルを一時フォルダーに待避しています。暗号化のキャンセルやエラー時には、ここからファイルを取り出すことができます。
なお、正しく暗号化が行われた場合、一時フォルダーは削除されます。
  • 一時フォルダーは以下の場所に作成されます。
    [ユーザープロファイル]\ SpusbEnc\[日付]-[時間]

    (例) C:\Users\user1\ SpusbEnc\090624-200719
    ※作成から30日を経過すると、自動的にフォルダーごと削除されます。ただし、フォルダー名が変更された場合は、自動的に削除されません。
  • 一時ファイルは、元ファイル名で作成されます。
    ※一時ファイル名が重複する場合は、ファイル名末尾に連番を付与します。
     (例) test.txt →重複した場合 test(1).txt
    ※元ファイル名が長く一時領域で処理できない場合の一時ファイル名は、自動的にカットされます。
     (例) XXX・・・testfile.txt →カットされた場合 XXX・・・test.txt
  • 一時フォルダーは、タスクトレイの「SecurePrime UFE 自動暗号化ツール」アイコンを右クリックして表示されたメニューから、「一時フォルダの表示」を選ぶことでも開けます。(Ver.1.4以降)

一時フォルダーを変更したいときは

暗号化処理に自動的に作成される一時フォルダーは、設定ファイルを作成することで、暗号化時の一時領域のパスを変更することができます。
一時フォルダーの変更が反映されるのは、次回のWindows起動時またはログイン時となります。
指定したパスにフォルダーが存在しない場合は、自動的に作成されます。
指定したフォルダーが作成できない場合や、フォルダー内への書き込みができない場合は、標準の一時領域(上記のユーザーフォルダー)に設定されます。
  • 設定ファイルを以下の場所に作成します。
    %PROGRAMDATA%\TSS LINK\Secure Porter for USB Drive\spusbdc.ini
  • 設定ファイルを以下の内容で作成します。
    [ENCRYPT]
    TEMP_PATH=[一時領域にするフォルダーのフルパス]

    ※設定ファイルのパス指定では環境変数も利用可能です。環境変数以外にも以下の特殊フォルダーの指定が可能です。
     [%MYDOCUMENTS%] … マイドキュメント
     [%DESKTOP%] ・・・ デスクトップ
  • 設定ファイル例 (マイドキュメント配下の“SPUSB暗号化フォルダ”を指定する場合)
    [ENCRYPT]
    TEMP_PATH=[%MYDOCUMENTS%]\SPUSB暗号化フォルダ
  • 設定ファイル例 (”D:\SPUSB暗号化フォルダ”を指定する場合)
    [ENCRYPT]
    TEMP_PATH= D:\SPUSB暗号化フォルダ

USBメモリーを取り外すときは

暗号化処理が終了していることを確認の上、タスクトレイの「ハードウェアの安全な取り外し」を実行して取り外します。

※物理的にデバイスの取り出しができない場合(ISOイメージをマウントしたようなケース)は、タスクトレイの[SecurePrime UFE 自動暗号化ツール]アイコン上で右クリックして表示されるメニューから[ドライブの取り出し]を実行します。
ただし、暗号化処理が終了していない場合、またデバイス内のファイルを使用している場合などは、[ドライブの取り出し]を実行しても適用されません。
Windows Vistaの場合などは、エクスプローラーでデバイスの内容が表示されているだけで使用中と認識されますので、先にファイルやエクスプローラーの終了が必要です。

アプリケーションから直接USBメモリーに保存したときは

Microsoft WordやMicrosoft Excelなどのアプリケーションで文書を作成し、直接USBメモリー(または[SP暗号化フォルダ])に保存すると、暗号化処理が実行されますが、ファイルはMicrosoft WordやMicrosoft Excelにロックされているため暗号化ができません。
暗号化処理状況を示すダイアログが表示されたままになり、アプリケーションを終了するまで暗号化できません。
アプリケーションによっては暗号化できない場合がありますので、アプリケーションから直接USBメモリー(または[SP暗号化フォルダ])に直接保存せずに、別の場所に保存してからエクスプローラー等でコピーしてください。

「試用期間が終了しました」のメッセージが表示されたときは

試用期間(最初の起動から10日間)中は、インストール後にライセンスキーの登録をしなくても、暗号化機能をご利用いただけます。
ただし、試用期間を過ぎてもライセンスキーを登録していない場合は、暗号化ファイルの利用はできますが、暗号化機能を利用することができません。
継続して暗号化機能を利用したい場合は、製品をご購入いただき、購入先から提供されるライセンスキーを登録してください。
試用期間を過ぎたら